車の窓が開かないときの対処法!故障を疑う前にチェックする項目!

スポンサードリンク


もしかして故障!?

車に乗っていて窓が開かなくなる経験をしたことはありませんか?

窓が開かなくなると、かなり不便ですよね。

今回は車の窓が開かなくなる原因を調査し、さらに対処法をまとめていきます。

どうやら、さまざまな原因があり、車の窓が開かなくなってしまうようです。

故障かもしれない。そのように考えたら、まずは本記事を見てみてください。

きっと、あなたの車の窓が開かなくなる原因がわかるでしょう。

車に安心て乗るために、窓に関する情報を確認しておくと良いです。

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサードリンク


車の窓の仕組みと、窓が開かなくなる原因とは

車の窓が開かなくなる原因を見る前に、まずは、車の窓の仕組みを見ていきましょう。

一体、どんな仕組みで動いているのでしょうか?

一般的に、車の窓は「パワーウィンドウ」と呼ばれています。

現行の車のほとんどは、電気モーターと、レギュレーターが連動して動くようになっています。

そのため、パワーウィンドウの故障は、その機構に何らかの不具合が発生した場合に起こりやすくなります。

では、どんな原因が潜んでいるのでしょうか?

コチラについて見ていきましょう。

①.スイッチの故障

パワーウィンドウが動かなくなる原因として多いのは、スイッチの故障です。

スイッチが内部で折れる場合もありますし、折れた部品が内部で挟まるケースもあります。

こうなると、窓が正常に動かなくなるのです。

多くの場合、経年の使用による、パーツの劣化が原因となっています。

②.レギュレーターの故障

次に多いのは、レギュレーターの故障です。

そもそもレギュレーターというのは、アームやワイヤーを使ってパワーウィンドウを動かすパーツです。

ですので、ここが故障してしまうと、当然ですが窓が開かなくなります。

操作時に異音が発生するケースがあるので、音にも注意しておきましょう。

③.電気モーターの故障

パワーウィンドウは電気モーターで動きます。

そのため、電気モーターが故障すると、窓が開かなくなるのです。

モーターは基本的に、摩耗や寿命によって、劣化していくため、定期的なメンテナンスや交換が必要になります。

窓が開かなくなった時の対処法

窓が開かなくなる原因はわかりました。

次は、対策を見ていきましょう。どんな対策をしたらいいのでしょうか?

①.スイッチ動作の確認

パワーウィンドウが動かなくなった場合、まずはスイッチを確認します。

スイッチが押せなくなったり、グラグラしたりしたら、故障している可能性が大です。

②.モーターとレギュレーターの確認

スイッチに問題がない場合は、次に、モーターとレギュレーターを確認しましょう。

車の取扱説明書を読み、ドアの内張りを外して、内部を確認する必要があります。

自分でするのが難しい場合は、プロに依頼するのが一番です。

基本的に、スイッチの故障、モーター、レギュレーターの故障と幅広く、原因はあります。

まずは原因を調べてみて、その後プロに依頼するのが一番効果的です。

早めに修理に出せば、安心して車に乗ることができるでしょう。

車の窓が開かないのはヒューズが切れているからかも

車の窓が開かなくなる原因は、ヒューズ切れが関係しているかもしれません。

例えば、すべての窓が開かなくなる場合は、ヒューズが切れている可能性があります。

この場合は、ヒューズを交換すると、正常に作動するようになります。

ですので、車の窓が開かなくなったら、まずはヒューズボックスを確認し、ヒューズが切れていないか確認してみましょう。

ヒューズが切れているだけなら、大体100円前後で直すことが可能です。

一度ヒューズを交換してみて、様子を見てみましょう。

但し、ヒューズを交換しても窓が開かなくなる場合は、電気系統の異常の可能性が大きいです。

そのような時は、既に紹介しているとおり、一度プロに依頼するのが一番効果的です。

車の窓が開かないのはバッテリー交換をしたから!?

意外なことかもしれませんが、バッテリー交換により窓が開かなくなるケースもあります。

例えば、スイッチを押して窓の操作はできるのに、AUTOにした時に反応しなくなる場合、多くはバッテリー交換が原因になっています。

バッテリー交換をすると、パワーウィンドウの設定が初期化されるケースがあるのです。

こうなると、一時的に窓が開かなくなります。

このような場合は、再度設定をし直すと、窓が開くようになるでしょう。

設定方法は、乗っている車によって違います。

但し、初期設定の方法を取扱説明書に記載されているので、一度取扱説明書を確認してみるといいでしょう。

修理に出す前に、一度確認してみてください。

案外、初期設定されているだけで、設定をし直せば、パワーウィンドウが動くようになるかもしれません。

窓があかなくなる理由はたくさんある

車の窓が開かなくなる原因は多岐にわたります。

多くのスイッチの故障、レギュレーター、モーターの故障が原因のようです。

このような場合は。自分で修理をするのではなく、一度カーショップに持っていき、プロの目で確認してもらうといいでしょう。

また、それ以外の理由として、ヒューズが切れている場合と、バッテリー交換をした場合も紹介しました。

ヒューズが切れていると窓が開かなくなってしまいます。

また、バッテリー交換をして設定が初期化されると窓が開かなくなるのです。

ヒューズ交換や、バッテリー交換の有無も確認してみてください。

車に安心し乗るために、窓のメンテナンスを定期的に行いましょう。

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする