シーズンオフのワイシャツをコンパクトに♪衣替え時の収納のコツを伝授!

スポンサードリンク


ビジネスシーンでワイシャツを着る方も多いのではないでしょうか?

毎日使うものだから、必然的に数が多くなってしまします。

皆さんは、どんな風にワイシャツを収納しているでしょうか?

今回は、ワイシャツの収納にスポットを当て、色々な情報をお届けします。

たくさんになってしまったワイシャツも、収納を上手くすれば、効果的に保管ができます。

一体、どんな収納術なのでしょうか?早速見ていきましょう。

スポンサードリンク


収納スペースが足りない人必見!衣替えの収納方法アイデア集!

ワイシャツの保管はかなりスペースが必要になってしまいます。

そのため、衣替えのシーズンには、収納スペースを確保するのも大変です。

そんなワイシャツの収納ですが、一体どのようにしたら、たくさん収納できるようになるのでしょうか?

そのポイントを見ていきましょう。

  • 収納する際にはクリーニングに出すのがよい

普段のワイシャツの洗濯は自宅でしているという方も多いはずです。

ですが、ワイシャツを衣替えで収納する際は、先にクリーニングに出しておくとよいでしょう。長期保管の前にクリーニングに出すと、収納がしやすくなります。

また、クリーニングはプロの手でアイロンがされているので、型崩れしにくく、長期の保存に向いているのです。

そのため、衣替えでワイシャツを収納する際は、まずはクリーニングに出してから、収納するようにしましょう。

②ホコリよけは不織布(ふしょくふ)カバーがおすすめ

ワイシャツを長期で保管する場合、ホコリよけのカバーが大切になります。

クリーニングに出してくると、ビニール袋に入れてもらえますが、このビニールのまま保管するのは止めましょう。

ビニールのまま保管すると、湿気が溜まりやすくなり、カビが生えてしまう原因になります。

そこで、おすすめなのが、不織布のカバーです。

不織布のカバーなら、通気も可能になるので、長期の保管にはうってつけです。

③収納場所は、ボックスサイズの収納ケースが便利

クリーニングに出したワイシャツは、カラーボックスサイズの収納ケースがぴったり収まります。

そのため、畳んで収納するのであれば、カラーボックスサイズの収納ケースが便利です。

収納ボックスを使って収納するときは、衿を潰さずに保管するのがポイントです。

例えば、衿の向きを交互になるようにして収納すると、たくさん収納できるようになりますし、さらに、型崩れを防ぐことが可能になります。

④保管場所は、取り出しにくい所でもOK

衣替えで収納したワイシャツは、次のシーズンまで使いません。

そのため、多少取り出しにくい所に保管しても問題ないでしょう。

収納スペースは意外と取ってしまうので、スペースを有効活用するためにも、取り出しにくい場所に保管するのも一つの手です。

例えば収納のデッドスペースになりがちな上方の空間を利用すると、効果的に収納ができるようになるのではないでしょうか。

⑤余裕があればハンガー収納もあり

ワイシャツは畳んで保管すると、どうしても畳みじわができてしまいます。

長期で保管するのですから、しわはついてしまいますよね。

少し収納スペースがかかってしまうのですが、余裕があれば、ワイシャツはハンガーで収納するのが便利です。

この時、針金のハンガーを利用するのではなく、薄手のしっかりしたものを選ぶと、より一層効果的に収納が可能になります。

ケースや圧縮袋も!ニトリの収納グッズで衣替えが楽しくなっちゃう♪

ワイシャツ収納には、ニトリの収納製品が便利です。

ニトリでは実に多彩な収納用品を扱っています。

おすすめの製品を見ていきましょう。

①.衣類圧縮袋

ニトリには衣類用の圧縮袋が売られています。

圧縮袋を利用すると、かさばってしまうワイシャツの収納も手軽にできるようになります。

また、ハンガーに吊るしたまま収納できる圧縮袋も存在するので、併せて参考にしてみてください。

②.吊り収納・ボックス3点セット

クローゼットなどで利用できる吊りタイプの収納ケースもおすすめです。

ポールを使って手軽にセッティングできるのも魅力の一つです。

こちらの製品は特にワイシャツの収納に向いています。ワイシャツがかさばってしまう場合は、このような製品を使うとよいでしょう。

③.収納ボックス

ニトリの収納ボックスはかなり優秀です。

型崩れしにくい仕様になっており、中にワイヤーフレームが入っています。

大きさもワイシャツを収納するのにぴったりのサイズ感で、何個かあるだけで、大量のワイシャツが一気に収納できるようになっています。

ワイシャツがたくさんある方にも特におすすめできる製品と言えます。

しっかりと収納する

シーズンオフになったワイシャツは、意外と収納場所がかかってしまいます。

今回はワイシャツの収納にスポットを当て、色々な方法を紹介しました。

ワイシャツの保管前にはクリーニングに出すようにして、不織布のカバーをかけて保管ずるようにしましょう。

また、ワイシャツはハンバーで保管した方がしわになりにくいですが、畳んでも保管ができます。

そのポイントを紹介したので、併せて参考にしてみてください。

さらに、収納用品はニトリの製品が便利です。

ニトリの中でもおすすめの製品を紹介したので、確認してください。

本記事を参考にし、ワイシャツの収納がしっかりとできるようになりましょう。

スポンサードリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする